ドクターセノビルに含まれているアルギニン。
このアルギニンという成分は疲労回復の効果が期待できるのをご存知ですか。

ここではアルギニンが疲労回復をもたらす2つの作用について書いています。

アルギニンは体内で一酸化窒素へと変わる

アルギニンは体内で一酸化窒素という物質に変化します。

この一酸化窒素の作用の一つに血管拡張作用があるんです。

血管が広がるということは身体の隅々まで血のめぐりが行われやすくなるということ。

そして、血液が全身をめぐることで、

・酸素や栄養素が全身に運ばれる
・体内で作られた疲労物質を排出

いわば代謝、循環がよくなるということですね。

また、血管の拡張作用というのは何も身体的な疲労に限った話ではありません。
血のめぐりがよくなるということは当然頭(脳)への血の流れも良くなるということです。

その結果脳疲労の回復にも期待できると言われています。

アルギニンが成長ホルモンの分泌を促す

また、アルギニンは成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。

運動などをして体を使うと、体の組織や細胞が傷つき、疲れます。
成長ホルモンはその傷ついた、疲れた体の細胞や組織を治す・再生するなどの働きがあります。

それが疲労回復につながる、というわけです。

まとめ

ドクターセノビルのアルギニンの作用を見てきました。

現代はストレス社会と言われるくらいです。
その影響で子供も疲れやすくなっています。

体さえ大きくなればいい、という気持ちを否定しませんが、疲れがある状態では成長に影響が出ないとは言い切れません。

ドクターセノビルを飲んだうえでしっかりと食事や睡眠をとりましょう。

また、子供だけでなく、働いているお父さんお母さんも飲んでみるのもいいですね。

ドクターセノビルを大人が飲んだとしても身長が伸びることはないでしょう。
しかし、市販の栄養ドリンクなどが効きにくいと感じているなら、疲労回復のために飲んでみるのもいいかもしれません。