コンビニや自動販売機で売られているエナジードリンク。
このエナジードリンクにアルギニンは含まれています。

エナジードリンク以外にも、栄養剤だとか精力剤にもアルギニンは含まれています。
子供が精力剤を飲むことはありませんが、栄養剤やエナジードリンクであればコンビニや自販機ですぐに買えます。
実際に飲んだことがあるお子さんもいるでしょう。

でもこのエナジードリンクは、飲み方によっては命にかかわるほど危険です。
以下のようなニュースをご存知でしょうか?

2011年にアナイス・フルニエさんがエナジードリンク「モンスター・エナジー」700ml入りを2本摂取したところ、体調が急変し病院に運ばれたのですが、死亡するという事件が起こりました。

死亡原因はカフェインの中毒だそうです。
エナジードリンクにはカフェインが大量に含まれているので、量を多く飲めば当然カフェインも多く摂取することになります。

この時アナイスさんが摂取したカフェインの総量は約500mgだったそうです。
アナイスさんは非常に短い時間で多くのエナジードリンクを飲んだためにカフェイン中毒に陥ってしまい、その結果命を落としたのです。

エナジードリンクにはアルギニンが含まれているといいましたが、量自体はそれほど多くありません。
日本でよく見かける『レッドブル』ですと、100ml中に120mgですので、1缶(250ml)であれば300mgになります。

当サイトで取り上げているドクターセノビルは1袋2500mgですが、この量と同じ量を『レッドブル』から摂取するとした場合、8~9本飲む必要があります。

一方『レッドブル』のカフェインは100ml中に32mgですので、1缶(250ml)であれば80mgになります。
もしも8本摂取する場合、カフェインは640mg摂取することになります。

これはアナイスさんがのんだ『モンスターエナジー』に含まれていた量よりも多くなります。
(『モンスターエナジー』2本でカフェインが480mg含まれていた)

エナジードリンクは疲れたときに飲むと元気がでるのは確かなのですが、やはり大量に飲むことは危険です。
もしもアルギニンを摂取したいがためにエナジードリンクを多く取ってしまうと、かえって体に負担をかけてしまうことになりかねません。
アルギニンを十分な量摂取しようと思うなら、食事やアルギニンサプリから摂取したほうがいいです。

>>子供でも安心のアルギニンサプリ『ドクターセノビル』はコチラ